ハゲないために今できること!

あなたは、髪の毛にも気を配っていますか?
髪の毛がきれいだったら、イケメンに見えるのでいいでしょう。
最近髪の毛が薄くなったから困っています。
はげたら、どうすればいいのかな?
友人でも、ハゲに悩む子は多いです。
ハゲは男だけのことかと思ったのに、男も女もハゲます。
女の子のハゲはきついよね。
今から、髪の毛がはげないようにケアーをやっていかなくてはならないのですが、何からやったらいいのでしょうか?
悩むよね。
昨日も、友人とどうしようかなと話していました。
髪の毛がはげないためには、健康でいなかったらいけないので、病気にならないようにしたいです。
身体が不調になったら、髪の毛がハゲてしまうので、健康を整えていかなくてはならないでしょう。
だから今やっているのはbostonを飲むこと!
まだ何も病気はないので、健康にも気を配っていきます。
ガンになったら、髪の毛も薄くなるそうです。
髪の毛が豊かなことは、健康のバロメーターです。
50歳になっても、たくさんの髪の毛を失いたくないのです。
はげたら、おじさんくさくなるので、嫌なものです。
若いときには、問題なかった髪の毛も、やがては薄くなるので、
年は取りたくないな!
としみじみと思うようになりました。
若かった時代が懐かしいけれども、これからはハゲのケアーにも気を使っていきます。

【女から見た率直な意見】ハゲている人vsハゲていない人

ew
男の子はみんなハゲには悩んでいますが、女の子はあまり気にしないかも。
はげても、自分に自信がある男がいいです。
1番よくないのは、かつらで隠す子です。
これが、最悪です。
男がこそこそしているのは、女は1番いやだから。
あなたも髪の毛が薄くなっても、隠さない方がいいですよ。

ハゲもネタにして、明るくやったらいいのにね!
芸能人でも、かつらの男がたくさんいます。
かつらのうわさは、たくさん流れてくるよね。
本人は一生懸命隠しても、かつらはばれます。
ばれていないと思うのは、本人だけです。
植毛とかもばれるので、下手に抵抗をしないで、どうぞ!という感じでオープンにする男がいいよ。

友人の彼氏も26歳なのに、全面はげています。
でも、全然気にしていないで、ネタにしているからいいよ。
こっちも、飲みの席では突っ込んで楽しい男です。
たぶん、友人はそのハゲの男と結婚するのですが、いい感じです。
きっと、幸せになれると思うね。
こそこそしていたら、男は終わりです。
ハゲも気にならない女の子もいますから、そういった女の子を探したらいいでしょう。
かつらや植毛、増毛に頼ったら、あなたの性格までもよくないと思われてしまうので、やめた方がいいです。

最近では女性の薄毛も増えていますよね・・・


はげているのは、男ばかりかなと思ったら、女の子もはげます。
この事実、あなたは知っていましたか?
はげは、男のみ!
と思っていたらそれは違います。
女の子もハゲには用心しよう。

女の子は男以上に見た目が気になるので、ハゲは嫌だね。
早めにケアーをやったらいいかも。
女の子のハゲの原因では、ダイエットが1番よくないのです
女の子はみんなサラダしか食べなかったり、絶食をしています。
そんな食生活は、自らはげていくようなものです。
はげないためには、食事には気を配りましょう。

友人の女の子は毎日必死になってダイエットをやっていますが、髪の毛がはげてきました。
こんなことは言えませんが、はげてきたから、もうダイエットはやめたらいいのに!
本人はあと3キロは痩せる!
と言っています。
女の子は痩せたくなるのですが、はげたら意味ないと思いませんか?
これからは、男も女もみんなはげないようにしていかなくてはならないよね。

自分もエラそうなことも言えないので、食生活には気をつけてはげないようにしていきます。
はげたら、鏡を見るのも憂鬱になってしまうのでいやなものです。
50歳になっても髪の毛が元気だったら、自分に自信を持って生きていかれそうです。

ハゲてきはたのは20歳を過ぎたあたりからでした・・・

「オレは絶対にハゲない!」

 

中学校にあがるとなぜかみんな色気づいたりするよね。

そんな中で必ず話題になるのが、将来ハゲるかハゲないかってこと。

「オマエは絶対将来ハゲるよ!」

「オレは絶対ハゲないよ!」

そんな会話が飛び交うのが中学時代でもありますよね。

で、ボクもい実はオヤジがハゲているのですが、友人などには

「絶対にオレはハゲない!」

って宣言していました。

特別な根拠とかって何もないのですが、とにかくハゲるのがイヤだったんですよね。

だから、今思い返してみれば自分に言い聞かせていた部分があったような気がします。

そんな中学時代を過ごして、気づいてみればボクも二十歳を過ぎていたのでした。

そんな二十歳になったある日のこと、ボクは偶然にも手鏡をもって自分の後頭部をチェックすることにしました。

いわゆる後姿ってのもいちゃんとしなければならないな、って思っていましたから。

で見てみるとカラダに衝撃が走ったのでした!!

「うわ!!これ、何?」

いつのいまに!!!

ついにきていたのでした。脱毛という恐ろしい悪魔が・・・